プフレーゲライヒトの企画

かつてのプフレーゲライヒトの商品を、
一緒に作ってみませんか。



2017年 8月20日(日)14:00〜16:00

場所:東京・東十条* 参加費:3500円(材料費込み)

*JR京浜東北線「東十条駅」近くのギャラリーです。
ご参加の方にお知らせします。

参加方法:件名「参加希望」でお名前・ご連絡先をメールでお送りください。
tool@m-rai.com (定員に達し次第〆)
定員に達したため締め切りました。

作る物は、好きな色を組み合わせて作る
スワロフスキービーズの指輪です。



↑かつての商品紹介ブログに載せた写真です。



これは私が今回作った見本です。
かつてのお店の外のランプをイメージして作りました。



裏返すと、内部には白い天然石が入っています。
ちょうどランプの中の電球のようです。

ランプの見た目を模しただけなら濃い青の指輪になりそうなものですが、「光が壁に当たって揺れていたこと」、「正面からは見えない位置に、黄色とピンクのガラスがあったこと」など、自分の中に特に強くあったイメージがそのまま表れ、このような色合いになりました。



このような指輪を、みなさん思い思いにご自分の好きな色の組み合わせで作ってみませんか、という企画です。

スワロフスキービーズは約80色、
内部の天然石は数種類の中から選べます。

仕上がりの大きさは、編んである部分(リングでない部分)の直径がだいたい1.8cmほどで、リングはご自分の指に合わせて作れます。

- - - - - - - - - - - - - -

店を開いていた頃、いつも様々な色の組み合わせで指輪を作って販売していました。



店の中から見えた桜、若葉、青空… 当時の写真、こんな小さい画像しか残っていなくてすみません。



クリスマスの頃は、ポインセチアをイメージして作っていました。真っ赤な色を前面に出さず、自分が感じた色をメインにしました。この写真だと薄紫っぽいですが、実際は光の当たり方で変わる、とてもきれいな色です。


スワロフスキーを使い始める前、2008年あたりは普通のガラスビーズを使っていました。


↑仮面ライダー。
魔が差して作ったもので、売り物にはしませんでしたが…。

当時の写真はこのくらいで、今回ほかに新しく作ったのは、



おにぎりのイメージ(というかそのまま)です。

赤いビーズで「梅干し」だとありふれている…
と思っていたら、
突如イクラの輝きを放つスワロフスキーがあったので
イクラおにぎりにしました。
でも内部の天然石、白にしてしまいましたが、
真っ赤な石を入れて
「裏返したらサプライズ梅干し」にすればよかった〜
と後から思い、梅干しへの未練が断ち切れません。




これは、バイオリンをイメージ…といってももはや自分だけしか解らない。他人から見たらただのシックな秋色です。



これは紙風船。
ちょっと派手ですが、指に乗せると可愛いものです。

使うスワロフスキービーズは、指輪1つあたり12粒です。色の一覧を前に「さあ12粒選びましょう」と言われても難しいですが、今回の企画では実際に1粒1粒手にとって、配置してみながら色を決められるので、必ず「これだ!」という組み合わせが見つかります。

- - - - - - - - - - - - - -

かつて店で毎日作っている時、12粒という限られた数の中で組み合わせを考えるのは本当に楽しいものでした。

初めは「自分が組み合わせたこの色合いを、お客さんに見てもらいたい」という気持ちで作っていましたが、
いつしか「組み合わせる楽しさを、お客さんに体感してもらいたい」と思い始めました。

それが2011年のことです。
店の中で体験教室のようなことをやれたら…と少し準備していたものの、叶わぬまま閉店してしまいました。
6年を経てやっと実現できます。



内部に天然石を入れるというのは、閉店後しばらくしてから出てきたアイデアです。
なぜ外から見えない位置にそんな物を、といえば

やはりどこか
「魔法の変身グッズ」への憧れが今なおあり…

天然石の効能がどうといった話には全く詳しくないのですが、この「内部に隠された石」というその「設定」にロマンを感じる、というただのファンタジー趣味です。

- - - - - - - - - - - - - -

人前で話す、ましてや教えるなど本当に不向きな人間ですが、作り方も分かりやすいよう工夫をこらし、事前準備を頑張っています。
ぜひともこれ作ってみて欲しい、本当に楽しいから、の一心です。ご参加お待ちしています。

来 美希子

プフレーゲライヒト